Mr. Degenhardtの独り言

英会話教室アメリカンスクール オブ ラングエジーズはMore than Englishをモットーとする語学・英語・英会話学校です。我孫子市天王台駅

Mr. Degenhardtの独り言

英語教育についてのMr. Degenhardtの意見、アイディアなどを記載します。

長年の経験から得た知識を載せますので、ご意見などがありましたら是非お寄せください。

今回からシリーズで書きます。最初は英語、その後に日本語訳をつけます。最初は英語で読んで理解力を試してみてください。結構理解できますよ。 Mr. Degenhardtは易しい言葉を使って難しいことを、わかりやすく書くということを得意としております。ではご意見をお待ちいたします。

 

You want to speak English.
You know what you want to say.
You have the words, somewhere in your head, but nothing comes out right.
Why?



After all those years of study, cramming, testing,
why do you still have trouble spitting out the simplest phrases?
Did you get stuck with the country's worst teachers?
I don't think so.
Were all the texts wrong?
Not hardly.
Are you just stupid.
No way!
So what went wrong?

 


I have thought a lot about why, with so much investment in learning English,
Japanese people have so much trouble acquiring skills in English and other foreign languages.
Japanese education is the envy of the world. There are 16 Japanese Nobel laureates.
Language teaching technology is absolutely the best in the world.
The amount of money per capita spent annually on language learning
is probably larger than the average GNP for most developing countries.

 

Finding no reasonable external influence to account for language learning difficulties,
I took a look at the internals.


To be continued

 

 

 

 

英語が話したい。

言いたいことがわかっている

言葉が頭の中のどっかにあるが口から出てこない

どうして??

 

 何年もの勉強、詰め込み学習、試験、なのにどうして簡単な表現が口から出てこない

国で最悪な先生に教えてもらった?

そうとは思いません

テキスト全部が悪い教科書?

ほとんどないと思います。

それとも貴方はそれほどのばか?

そんなことは絶対にありません

ではどこで間違えたのだろう?

 

英語を習うのにこんなに投資をしているのに日本人はどうして英語、もしくは他の外国語を話すのに問題があるのだろうと考えてきました。

日本の教育は世界の羨望の的です。16人のローベル受賞者があります。

語学学習技術は世界一とも言えるでしょう。 語学学習に費やす年間消費額はたぶん大部分の開発途上国の平均GNPより高いかもしれません。


語学学習の問題について外部影響が見つからず、私は内部に目を向けました。

つづく

投稿者 ASL : 2009年5月18日 18:58

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお願いいたします。

(初めてコメントする場合、承認されるまでコメントは表示されません。)


(公開されません)