スイスからGruezi 2

英会話教室アメリカンスクール オブ ラングエジーズはMore than Englishをモットーとする語学・英語・英会話学校です。我孫子市天王台駅

スイスからGruezi 2

スイスからGrüezi!

2009.03.24

仕事と人生

 

今働いている会社で4人辞めることが、この数週間で立て続けに発表されました。

そのうち2人は私の所属しているセールスから。 1人に「どうして?」と聞いたところ、「(この) 会社に来るのがもう面白くなくなったから。」文章にするとまるで無責任なように聞こえがますが、つまり彼女のポイントは今の与えられている仕事に生きがいを感じなくなったから、ということなのでしょう。 2人とも次の仕事を見つけ、サクッと辞表を出したようです。 社内でセールスチームの体制が変わることを上司から伝えられた数週間後の話でした。 

 

スイスはよく、クオリティ・オブ・ライフが高いといわれます。 今回辞表を出した全員がスイス人であることは奇遇でしょうか? スイスにはドイツや他のEU諸国からたくさんの人たちが働きに来ています。 私の会社も例外ではなく、CEO、私の上司、その他もろもろ半分近くドイツ人です。 

 

私の短い滞在の印象でスイスを深く語ることはできませんが、クオリティ・オブ・ライフに対するこだわりは非常に強いように感じます。 私のパートナーも日本人のビジネスパートナーにスイスについて説明する機会があるようですが、「自己責任」という言葉をよく使います。 団体の一員として和を保つのが、日本の美学でしょうが、スイス人は社会人としての生活をとても個人的にとらえている印象を受けます。 それはただ身勝手に行動するということではなく、自分の人生は自分の責任の上あるとしてそれをマネージしている、という感じでしょうか。 それと比べ、残業代もでないのに毎晩遅くまで働いている私の日本の代理店の皆さんはどれだけ仕事に生きがいを感じているのでしょうか。 

 

毎日起きている時間の半分以上を過ごす仕事場。 そんな人たちを見ていると、自分の仕事に対する意識や期待を振り返る今日この頃です。

 

090324nomita swiss 4.jpg  

投稿者 ASL : 2009年3月25日 22:14

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお願いいたします。

(初めてコメントする場合、承認されるまでコメントは表示されません。)


(公開されません)


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://aslabiko.net/mt/mt-tb.cgi/46